【WRC 第5戦】VW ポロR のラトバラ、チームメイトのオジェをリード

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ラトバラが駆るVWポロR
  • ラトバラが駆るVWポロR
  • ラトバラが駆るVWポロR
  • ラトバラが駆るVWポロR
  • ヤリ‐マティ・ラトバラ
  • セバスチャン・オジェ
  • クリス・ミーク
  • エルフィン・エヴァンス
  • ロバート・クビサ
VW「ポロR」を運転するヤリ-マティ・ラトバラは5月9日、ラリーアルゼンチンの第1レグの4つのステージでチームメイトのセバスチャン・オジェとシーソーバトルを繰り広げ、最終ステージでライバルから17秒7のアドバンテージを築くことに成功した。

ヘビーな雨によって丘のステージの表面の砂が洗い流され、このラフな路面によって5人のトップドライバー達がリタイアする過酷な戦いとなった。

「僕達はあのステージで本当に良いフィーリングを持っていた。僕の副ドライバーは完璧な仕事をして、僕は本当にそれを楽しんだよ。そしてそのように感じた時、こういったことは起こるのだろうね」とラトバラは語った。

先月のポルトガルでのクラッシュにより、シトロエン「DS3」を運転するクリス・ミークは注意深い運転をしたもののトップ5から落ちることは無く、オジェから49秒7遅れの3番手のポジションを確保した。

フォード「フィエスタRS」を運転するエルフィン・エヴァンスはアルゼンチンのデビューにおいて、2分40秒7遅れの4番手となり、同じ車を運転するロバート・クビサよりわずかに0.2秒の差を確保することとなった。
《河村兵衛》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集