富士重、新中期経営ビジョンを策定…グローバルで110万台超をめざす

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・インプレッサ  新型(北米仕様)
  • スバル・インプレッサ  新型(北米仕様)
  • 新型スバル フォレスター(米国仕様車)
富士重工業は5月9日、競争力強化と事業基盤整備を進め、持続的成長と発展を目指す新中期経営ビジョン「際立とう2020」を発表した。

同社は2011年7月に2015年度までを対象期間とする中期経営計画Motion-Vを発表。米国市場を主軸とした商品開発による販売伸長、衝突安全や運転支援システム「EyeSight」をはじめとする安全性への高評価、コスト低減活動などの取組みが奏功し、2013年度までに主要目標を前倒しで達成した。

今回発表した新中期経営ビジョンでは、2020年のありたい姿を「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」とし、その実現に向け「スバルブランドを磨く」「強い事業構造を創る」の2つの活動に集中し、付加価値経営を更に進め、環境変化への耐性を高めることに取り組むとしている。

商品戦略としては、SUVセグメントを中心にラインアップを強化し、新商品を間断なく投入。北米市場を最重要、日本・中国を第二の柱とし、グローバルで110万台プラスアルファを目指すとしている。なお、2014~16年度(3か年)の収益計画は、売上高8兆円(2011-2013年度実績5兆8382億円)、営業利益1兆円(同4909億円)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集