BMWジャパン、6シリーズ の安全運転支援システムを装備充実化

自動車 ニューモデル 新型車

BMW 6シリーズ カブリオレ
  • BMW 6シリーズ カブリオレ
  • BMW 6シリーズ クーペ
  • BMW 640i グラン クーペ
ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、BMW『6シリーズ』クーペ、カブリオレ、およびグラン クーペの運転支援システムの装備内容をさらに充実化し、5月8日より販売を開始すると発表した。

BMW 6シリーズは、従来より、「衝突回避・被害軽減ブレーキ」や、車線の逸脱を警告する「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、事故発生時に車両の通信機能を介してSOSコールセンターに接続する「BMW SOSコール」など、様々な局面でドライビングの安全性を高める機能を全モデルに標準装備していたが、今回さらに装備の充実化を行う。

BMW 650iクーペ/カブリオレ/グラン クーペには「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備することで、車間距離を維持しながら加減速を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)」が新たに加わる。また、従来装備の「衝突回避・被害軽減ブレーキ」では、カメラ・システムに加え、新たにミリ波レーダー・センサーを併用することで、前方の車両に対してより精度の高い制御を行うことが可能となる。

さらに、BMW 650iクーペ/カブリオレ/グラン クーペ、および、M6クーペ/カブリオレ/グラン クーペには、ドライバーから死角になる自車の左右後方を走行する車両や、追い越し車線を急接近してくる車両をドライバーに警告する「レーン・チェンジ・ウォーニング」を標準装備する。

また、シンプルかつ直観的な操作でコントロール・ディスプレイに表示される様々な機能の設定を行う「iDriveコントローラー」に、指による文字入力や、地図の拡大/縮小が可能なタッチ・パッドをBMW 6シリーズ全モデルに採用し、より優れた操作性を実現している。

価格は640iが972万円から、650iが1304万円から、M6が1760万円から。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集