クライスラー、新コンパクトセダンの「100」を投入へ…カローラ/シビックに対抗

自動車 ニューモデル 新型車

新型 クライスラー 200
  • 新型 クライスラー 200
米国の自動車大手、クライスラーグループ。その主力ブランドのひとつ、クライスラーから、新型コンパクトセダンが登場することが分かった。

これは5月6日、クライスラーグループとフィアットの統合で生まれた新会社、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)が発表した中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」で明らかにされたもの。

この2014‐2018ビジネスプランは、2014年1月に両社の統合で生まれたFCAが、今後5年間の成長計画を提示したもの。この計画の中で、「クライスラーブランドが2016年、新型車の『100』を投入する」と発表している。

現在、クライスラーブランドの入門セダンは、『200』。200はDセグメントに属する中型セダンだ。これに対して、新型車のクライスラー100は、Cセグメントに属する小型セダンとなる。

米国での競合車は、トヨタ『カローラ』、ホンダ『シビック』、GMのシボレー『クルーズ』、フォード『フォーカス』、ヒュンダイ『エラントラ』などを想定。クライスラーブランドは2016年、この激戦区に新型車の100で切り込む方針。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集