【WEC第2戦】トヨタ、TS040ハイブリッド2台が表彰台…ルマンへの期待高まる

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

WEC第2戦
  • WEC第2戦
  • WEC第2戦
  • WEC第2戦
  • WEC第2戦
  • トヨタ、TS040ハイブリッド2台が表彰台
  • トヨタ、TS040ハイブリッド2台が表彰台
  • トヨタ、TS040ハイブリッド2台が表彰台
  • トヨタ、TS040ハイブリッド2台が表彰台
5月3日ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキットで行われたFIA世界選手権(WEC)第2戦スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースは、トヨタ・レーシングのTS040ハイブリッド#8が優勝し、開幕戦に続き2連勝を飾った。

同#7も3位に入賞し、2台揃って2戦連続表彰台を獲得した。チャンピオンシップでも1位、2位のポジションを守り、シリーズ最大のイベントである、第3戦ルマン24時間レース(6月14日決勝)へと臨む。

TS040ハイブリッド#8を駆り、勝利へと導いたアンソニー・デビッドソン、ニコラス・ラピエールとセバスチャン・ブエミは、昨年最終戦からの3連勝となり、今季のドライバーズ選手権でも2位以下との差を広げて首位を守ることとなった。

また、アレックス・ブルツ、ステファン・サラザンと中嶋一貴が駆るTS040ハイブリッド#7が3位入賞を果たし、トヨタ・レーシングはマニュファクチャラーズ選手権でもライバルとの差を広げた。

チーム代表の木下美明氏は、「今日、チームが成し遂げた仕事を大変誇りに思っている。トヨタ・レーシングがマニュファクチャラーズ選手権をリードするというのは大変嬉しく、ルマンへ向けてチーム全体のモチベーションを上げることができた」と喜びを語った。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集