マツダ、SKYACTIV技術搭載車の世界生産100万台突破…2年4か月で達成

自動車 ビジネス 企業動向
マツダ・CX-5、アテンザ、アクセラ
  • マツダ・CX-5、アテンザ、アクセラ
  • マツダ・CX-5
  • マツダ・アクセラ
  • マツダ・アテンザ
マツダは4月14日、SKYACTIV技術を全面的に採用した『CX-5』『アテンザ』『アクセラ』のグローバル生産台数が、2014年3月末までに合計104万台となり、100万台を突破したと発表した。

SKYACTIV技術搭載車の100万台突破は、2011年11月にCX-5を生産開始して以来、約2年4か月での到達となる。

マツダは、クルマの基本性能となるエンジンやトランスミッションなどの効率改善や車両の軽量化などを徹底的に追求したSKYACTIV技術を開発し、新世代商品に搭載してきた。

今回の100万台突破を受けて、マツダの小飼 雅道社長兼CEOは「マツダが渾身の力を入れて開発したSKYACTIV技術搭載車は、世界中のユーザーに評価され、今回100万台を突破することができた。購入してもらったすべての顧客に心から感謝したい」と述べた。

2014年3月末現在、マツダはSKYACTIV技術搭載車3車種を、日本、メキシコ、タイ、中国で生産しており、合わせて100以上の国と地域で販売している。2016年3月期までにSKYACTIV技術を搭載したモデルを更に5車種投入する予定で、引き続きラインナップの拡充に努めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集