トヨタ、インドネシア製セダン ヴィオス を中近東に輸出…アセアン域外へ輸出先拡大

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ・ヴィオス
  • トヨタ・ヴィオス
  • トヨタ・ヴィオス
  • トヨタ・ヴィオス
トヨタ自動車のインドネシアにおける車両生産会社であるPT. Toyota Motor Manufacturing Indonesia(TMMIN)は、『ヴィオス』の中近東への輸出を開始した。

ヴィオスは、トヨタのインドネシア製セダンとしては初の輸出モデルで、昨年12月にシンガポール、ブルネイへの輸出を開始、今回、アセアン域外の中近東に輸出先を拡大した。新たな輸出国は、バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、ヨルダン、レバノン、イエメンで、輸出総台数は当面は1000台/月、将来的には3000台/月を目指す。

新興国へのトヨタの重点的な取り組み、またインドネシア自動車市場の堅調な拡大により、インドネシアにおけるトヨタの年間生産能力は、2012年の11万台から2014年には25万台まで拡大。TMMINでは、MPV(多目的車)の『イノーバ』および『フォーチュナー』に加え、現在では乗用車の『エティオスファルコ』『ヴィオス』『リモ』も生産している。

昨年、トヨタは、インドネシアから完成車11万8000台を、アジア、アフリカ、中南米、中近東の70以上の国に輸出しており、インドネシアからの完成車輸出全体の70%以上を占めている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集