上越新幹線E4系、「朱鷺」デザインに変更

鉄道 企業動向
E4系の車体デザイン変更前(上)と変更後(下)のイメージ。かつてE1系で採用されていた「朱鷺色」の帯が復活する。
  • E4系の車体デザイン変更前(上)と変更後(下)のイメージ。かつてE1系で採用されていた「朱鷺色」の帯が復活する。
  • 先頭車の側面にはトキが羽ばたく姿をイメージしたイラストも描かれる。
JR東日本新潟支社は3月26日、JRの観光キャンペーン「新潟デスティネーションキャンペーン(新潟DC)」の実施にあわせ、上越新幹線の2階建て車両・E4系の車体デザインを変更すると発表した。

現在のE4系は青と白の2色をベースとし、車体中央に黄色の帯を入れている。新しいデザインは「新潟のシンボル」(新潟支社)となっている鳥のトキをイメージ。帯の色をピンクがかった「朱鷺(とき)色」に変更するほか、トキが羽ばたく姿を描いたイラストで先頭車の側面を装飾する。「朱鷺色」の帯は、かつてE1系の車体塗装として採用されたことがある。

上越新幹線で運用されているE4系は8両編成24本。まず1本の車体デザインを変更し、4月7日の長岡7時00分発『Maxとき491号』新潟行きから運用を開始する。他の編成も新しいデザインに順次変更し、2015年度末までに全編成の変更を完了する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本、「新潟DC」のラッピング車運行 画像 JR東日本、「新潟DC」のラッピング車運行
  • JR東日本、新潟・山形でDC列車を多数運転…春の臨時列車 画像 JR東日本、新潟・山形でDC列車を多数運転…春の臨時列車
  • JR東日本、新潟の酒がコンセプトの観光車両「越乃Shu*Kura」導入 画像 JR東日本、新潟の酒がコンセプトの観光車両「越乃Shu*Kura」導入
  • JR東日本、新潟県内駅のリニューアルを引き続き実施…新発田駅は「城下町の風情」 画像 JR東日本、新潟県内駅のリニューアルを引き続き実施…新発田駅は「城下町の風情」

特集