鈴鹿サーキット、シケインとSF最終戦の名称をリニューアル…今季WTCCはフルコースで

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
鈴鹿サーキットのシケイン(ターン16~17)。写真:MOBILITY LAND
  • 鈴鹿サーキットのシケイン(ターン16~17)。写真:MOBILITY LAND
  • 昨年のSF最終戦で、山本尚貴は第1レース優勝、第2レース3位。シリーズチャンピオン獲得を達成した。写真:MOBILITY LAND
  • 鈴鹿サーキットクイーンたち。写真:MOBILITY LAND
  • 鈴鹿サーキットホテル「ノース館」に新コンセプトルームが登場。写真:MOBILITY LAND
  • 2013年WTCC鈴鹿戦。写真:MOBILITY LAND
  • 2013年のF1日本GP。写真:MOBILITY LAND
1日、鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは、同サーキットでの2014年活動内容について発表。シケインが「日立オートモティブシステムズシケイン」に、そしてスーパーフォーミュラ最終戦のレース名が「第13回JAF鈴鹿グランプリ」となることなどを公表した。

鈴鹿サーキット国際レーシングコースの最終コーナー手前、右、左と続くクランク状の低速セクション「シケイン」(ターン16~17)は、日立オートモティブシステムズ株式会社とのネーミングライツ契約締結により、ファン感謝デー開催中のこの日から新名称使用開始となった。英文表記は「Hitachi Automotive Systems Chicane」。

また、今季スーパーフォーミュラ(SF)の最終戦(第7戦、11月8~9日)は「第13回JAF鈴鹿グランプリ」という名称に。JAFグランプリのタイトルは、2010~13年に富士スピードウェイでのSUPER GTとSF(旧フォーミュラ・ニッポン)の併催による特別戦・富士スプリントカップで復活使用されたが、今季は同カップの開催がなく、28年ぶりに鈴鹿でのレースに同タイトルが使用されることとなった。

多くの国際大会の舞台となる鈴鹿サーキットでは今季もWTCC(世界ツーリングカー選手権)の日本ラウンドを開催。従来は東コースでの開催だったが、今季はF1同様に5.807kmのフルコースで開催する(10月25~26日、スーパー耐久シリーズを併催)。

その他、F1日本グランプリ(10月3~5日)を「Change, Change, Change」というテーマで開催していくことや、遊園地施設の新たなアトラクション、併設される鈴鹿サーキットホテルのノース館のリニューアルなど、多彩な活動内容をアピールしている。

なお「鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デー」は2日までの開催。引き続き3~4日にはSFの公式合同テストが開催される。
《遠藤俊幸》

編集部おすすめのニュース

  • 2014年 鈴鹿サーキット・ツインリンクもてぎ、主要レースカレンダーを発表 画像 2014年 鈴鹿サーキット・ツインリンクもてぎ、主要レースカレンダーを発表
  • 鈴鹿サーキット、みんなの声で加速するコースター型ライド登場…3月1日 画像 鈴鹿サーキット、みんなの声で加速するコースター型ライド登場…3月1日
  • スーパーフォーミュラ「SF14」公開シェイクダウン&テストを実施…3月1~2日“鈴鹿ファン感” 画像 スーパーフォーミュラ「SF14」公開シェイクダウン&テストを実施…3月1~2日“鈴鹿ファン感”
  • 鈴鹿ファン感謝デー、SUPER GTデモラン・展示マシンが決定 画像 鈴鹿ファン感謝デー、SUPER GTデモラン・展示マシンが決定

特集