【大阪キャンピングカーショー14】プリウスのキャンピングカー、リラックス キャビン…ハイブリッドの充電機能を利用

自動車 ビジネス 企業動向

プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
  • プリウス リラックス キャビン
大阪市西区の京セラドーム大阪で22日、23日にわたって開催された「大阪キャンピングカーショー14」で長野県の「かーいんてりあ高橋」は、『プリウス』のキャンピングカー『リラック スキャビン』を出展した。

W30型のプリウスの屋根からテール・ゲートを覆う流線型のFRP製ボディを載せて、後車室と2階のロフト部分にスペースを作り出している。同社の説明員によると、「できるだけベース車の車体構造を残して車体強度を保つようにした」という。

このプリウスリラックスキャビンの特徴は、プリウスの充電機能を利用している点だ。ハイブリッドのプリウスならベース車両に充電機能があるので、後付けしなくてもキャンピングカーに必要な電力をまかなうことができる。キャンピングカーとしての利用以外にも野外で電源が必要な場合の電源車としても利用できる

同車の充電機能を支えているのが、同社の『リバックス』というAC電源供給システムだ。これは、プリウスに標準では装備されていない電源供給システムを後付けするもので、スイッチを押すだけでプリウスのニッケル水素バッテリーから100V・1500Wまでの電源をコンセントへ供給することができる。リバックスだけなら19万円で後付け可能だ。

リラックスキャビンは現在のところプリウスのみ架装可能で、『プリウスα』には対応していない。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集