【BMW 523d Mスポーツ 試乗】豊かなトルク特性で逞しい加速と環境性能を両立…高根英幸

試乗記 輸入車
BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
  • BMW 523d Mスポーツ
「523d Mスポーツ」は、4気筒のディーゼルターボを5シリーズに搭載してMスポーツ仕様に仕立てたもの。この車格に4気筒、しかもディーゼルなんて、と思われる向きもおられるかもしれない。しかしそこはBMW、滑らかとまでは言わないが、十分にスムーズで静粛性も高いから、決して5シリーズの高級感を損なうものではなかった。

しかも1500rpmから2000rpmまでの加速で、タコメーターの針と同じ勢いでスピードメーターの針が上昇する。しかも登り勾配での加速なのだから凄い。まるで5リットルのガソリン車に乗っているかのような、強力なトルクで5シリーズのボディを引っ張るのだ。

マルチディスプレイメーターパネルは、ドライビングのモードを切り替えると鮮やかに表示も切り替わり、そのモードごとに使いやすい表示になる。タコメーターを見る限り、このエンジンのレブリミットは5400rpmだが、スポーツモードにしてフルスロットルを与えても4200rpmでシフトアップを重ねていく。それ以上回してもトルクが落ち込むので、加速力を考えるとベストなタイミングなのだろう。マニュアル操作でレブリミットまで引っ張ることは可能だろうが、サーキット走行でもない限りその領域は無用の長物といった感じだ。

ハンドリングはさすがMスポーツといったもので、微舵域から鋭い反応を見せる。リヤタイヤの操舵も違和感なく、5シリーズのボディをコンパクトに思わせるほど、操舵に機敏に反応してくれた。

ただしドライビング・パフォーマンス・コントロールはコンフォートにすると、路面や速度域によって減衰が足りずにクルマの動きが落ち着かない。スポーツの方も路面と速度域によっては減衰が強すぎて跳ねる。同じ道路でも20km/hも速度が違うとダンパーの減衰を切り替えた方がいいほどで、足回りの特性を変えられるのは楽しいが、スイートスポットがやや狭い感があった。

ともあれ環境性能とスポーツ性を両立した高級セダンとして、存在意義は大きい。ディーゼルでMスポーツなんて、と思う向きには、一度ステアリングを握ってみることをお勧めしたい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア・居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★

高根英幸|自動車&工業技術評論家(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
芝浦工大機械工学部卒。トヨタ直営ディーラーの営業、輸入車専門誌の編集者を経てフリーの自動車ライターに。クルマのメカニズムすべてに興味をもち、旧車からハイテクまで納得いくまで解析。ドライビングだけでなくメンテナンスやモディファイも自ら積極的に楽しむ。自宅1Fの書斎兼ガレージには整備用リフトも完備。
《高根英幸》

編集部おすすめのニュース

特集