川崎重工、4月からフェロー制度導入

鉄道 企業動向

川崎重工業は4月から、専門職における最高役位として「フェロー」を新設する。同社が2月19日に発表した。

フェローは主に研究職に与えられる役職。川崎重工は「主として技術分野において卓越した知見・専門能力を持ち、当社の業績向上や企業価値増大に貢献した者」をフェローに任用するとしており、執行役員に準じた処遇とする。

同社はフェロー制度の導入で技術者の士気向上を図り、これに続く専門職層についても意欲向上と意識付けを図り、全社的な専門能力強化に向けた基盤を整えるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集