日本、カンボジア/ラオス航空当局と新しい航空協定の締結に向けて協議

航空 行政

日本・カンボジア/日本・ラオス航空当局間意見交換会が開催され、新規航空協定締結に向け協議するとともに、協定締結まで暫定的な枠組みで合意した。

航空当局間意見交換には、日本側代表として小林太郎航空局航空交渉室長、カンボジア側代表としてカエ・シヴォーン航空局技術総局長、ラオス側を代表してヴィエンサイ・シンカム国際航空課長らが出席した。

意見交換では、新規協定締結までの間、暫定的な枠組みで合意した。

暫定的な枠組みでは、二国間輸送について、自由な枠組みを設定(羽田空港を除く)するとともに、コードシェアについて同一国、相手国、第三国企業との自由な枠組みを設定する。

日本・ラオス間では、国内コードシェアの枠組み設定でも合意した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集