「大山登山マラソン」小田急ロマンスカーが臨時停車

鉄道 企業動向

特急ロマンスカーの7000形「LSE」。3月9日は「大山登山マラソン」の開催にあわせ、『はこね1・28・32号』の3本が伊勢原駅に臨時停車する。
  • 特急ロマンスカーの7000形「LSE」。3月9日は「大山登山マラソン」の開催にあわせ、『はこね1・28・32号』の3本が伊勢原駅に臨時停車する。
  • 伊勢原駅に臨時停車する特急ロマンスカーのうち『はこね28号』は写真の30000形「EXE」で運転される予定。
小田急電鉄は3月9日、神奈川県伊勢原市が主催する「第29回 大山登山マラソン」の開催にあわせ、会場最寄り駅となる伊勢原駅に特急ロマンスカーを臨時に停車させる。

臨時停車する特急ロマンスカーは、下りが『はこね1号』(新宿7時00分発~伊勢原7時49分発~箱根湯本8時27分着)の1本。上りは『はこね28号』(箱根湯本14時48分発~伊勢原15時30分発~新宿16時21分着)と『はこね32号』(箱根湯本15時48分発~伊勢原16時30分発~新宿17時21分着)の2本が停車する。

臨時停車に伴う運転時刻の変更はない。当日の車両は『はこね1・32号』が7000形「LSE」、『はこね28号』が30000形「EXE」になる予定。

「大山登山マラソン」は伊勢原駅前(北口)をスタート地点とし、大山阿夫利神社下社までの9kmで実施。標高差は650mで後半には1610段の石段があるなど「日本屈指の過酷なコース」(小田急電鉄)として知られる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集