【シカゴモーターショー14】日産 フロンティア に米カミンズ社製ディーゼル…コンセプトカーを初公開

自動車 ニューモデル 新型車
日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
  • 日産 フロンティア・ディーゼルランナー
日産自動車は2月6日(日本時間2月7日未明)、米国で開幕したシカゴモーターショー14において、『フロンティア』にカミンズ社製ディーゼルを載せたコンセプトカーを初公開した。

日産自動車は2013年8月、米国の老舗ディーゼルエンジンメーカー、カミンズ社製の新開発5.0リットルV型8気筒ターボディーゼルエンジンを、フルサイズピックアップトラック、『タイタン』の次期型に搭載すると発表。

このエンジンは、最大出力300ps以上、最大トルク69kgm以上を引き出し、北米のトラック市場に求められる牽引力と燃費性能を追求。現在、2015年モデルとして発売予定の次期『タイタン』への搭載に向けて、開発と実験の最終段階にある。

今回、日産がシカゴモーターショー14で初公開したのは、『フロンティア・ディーゼルランナー』。日産の主力中型ピックアップトラックのフロンティアをベースに、カミンズ社製のディーゼルエンジンを載せたコンセプトカーだ。

このカミンズ社製ディーゼルは、次期タイタン用とは異なり、排気量2.8リットルの直列4気筒ターボユニット。最大出力はほぼ200ps、最大トルクは48.4kgm以上を発生する。トランスミッションはZF製の8速AT。

日産は、「V6ガソリンエンジン搭載車と比較して、予想燃費は35%向上」と説明。シカゴモーターショー14での展示は、来場者に見てもらい、次期フロンティアにカミンズ社製ディーゼルを搭載するかどうか、判断する材料にするという。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 日産、新型タイタン ピックアップトラックに米カミンズ社製ディーゼルターボエンジンを搭載 画像 日産、新型タイタン ピックアップトラックに米カミンズ社製ディーゼルターボエンジンを搭載
  • 【グッドウッド12】最大出力4000ps!! 巨大エンジンを出品…米カミンズ 画像 【グッドウッド12】最大出力4000ps!! 巨大エンジンを出品…米カミンズ
  • マツダのクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」、北米導入を延期…新型 アテンザ 画像 マツダのクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」、北米導入を延期…新型 アテンザ
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース