【シカゴモーターショー14】シボレー コルベット新型、今春公開の映画に起用…架空の防衛組織の車両

自動車 ニューモデル モーターショー

映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』に起用された新型シボレーコルベット
  • 映画『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』に起用された新型シボレーコルベット
米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは2月5日、日本時間の2月7日未明に米国で開幕するシカゴモーターショー14において、今春公開の映画に起用された新型『コルベット』を初公開すると発表した。

この映画とは、『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』。2014年4月、米国や日本などで公開される予定だ。

シボレーは、この映画を製作したマーベル・スタジオズやマーベル・エンターテインメントと協力。『キャプテン・アメリカ/ザ・ウィンター・ソルジャー』に起用された新型コルベットを、シカゴモーターショー14の会場において初公開する。

このコルベット、『ブラック・オン・ブラック・コルベット・スティングレイ』と命名。映画の中では、架空の防衛組織、「SHIELD」(Strategic Homeland Intervention Enforcement Logistics Division=戦略国土調停補強配備局)の車両として、新型コルベットが活躍する。

シボレーはこの他、シカゴモーターショー14に、合計4台の新型コルベットを展示。最新の「Z06」やレーシングカーの「C7.R」も展示し、コルベットの魅力を来場者にアピールしていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集