【フォード フィエスタ 試乗】“軽さ”にビックリ!最新鋭の装備も豪華…竹岡圭

試乗記 輸入車
フォード フィエスタ
  • フォード フィエスタ
  • フォード・フィエスタ 走行写真
  • フォード フィエスタ
  • フォード・フィエスタ「1.0 Ecoboost」
  • フォード・フィエスタ「1.0 EcoBoost」
  • フォード・フィエスタ「1.0 Ecoboost」
  • フォード・フィエスタ「1.0 Ecoboost」
  • フォード・フィエスタ「1.0 EcoBoost」
「軽いっ!」走り出して初めに感じたのは、とにかく軽快だということ。

1リットルターボエンジンとは思えないほどパワフルで、試乗した箱根のワインディングでは、なかなか床までアクセルを踏み込めないうちに、次のコーナーに差し掛かってしまうくらいの力強さに、とにかくビックリ!もちろんこれ上りの峠道での話です。先代の『フィエスタ』も相当な実力の持ち主でしたが、新型にもかなり驚かされてしまいました。

ハンドリングもなかなかで、ステアフィールが軽めなので、慣れるまではややクイックかな?と思うシーンもありましたが、慣れてくれば思うようにラインがトレースできて、ファンドライブ度は上がりっぱなし。路面が悪いところでも追従性が高い上に、ドライバーへのインフォメーション性も高いので、どんどん攻め込めてしまうんです。乗り心地もしなやかで、街乗りでも十二分に快適に使える実力派なんですよね。ほとほと感心させられてしまいました。

オマケに装備も豪華なんですよ。アクティブシティストップという、いわゆるぶつからないクルマシステムもついてますし、ソニーのプレミアムオーディオも標準装備。さらに給油口はフタのないタイプだったりと、しっかり最新鋭化してるんですよね。

欲を言えば、パドルシフト(フィエスタはサムスイッチというシフトレバーについたスイッチを親指で操作するタイプ)が欲しかったなぁ~というところでしょうか。コンパクトカーを狙っている方なら、是非一度乗ってみる価値アリですよ!

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


竹岡圭|モータージャーナリスト・タレント
「クルマ&カーライフは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、さまざまな媒体で「喋って・書いて・走って」活動する女性モータージャーナリスト。雑誌やWebへの執筆の他、TVのワイドショーやバラエティ番組でのMCやレギュラー出演、イベント等でのトークショー、ラジオのパーソナリティとしても活動。クルマのインプレッションはもちろん、毎日のクルマ生活から、ハレの日のクルマ旅行まで、テクニックや楽しみ方、チャイルドシートやドライビングシューズ、カーグッズ、ご当地お土産等々を含めたカーライフ全般を女性の視点からレポートする。また、国や都道府県、高速道路会社等の審議会や委員会の委員を兼任。自動車大学校の特別講師、企業研修やセーフティドライビングスクールのインストラクターも行っている。日本自動車ジャーナリスト協会(A.J.A.J.)理事、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。
《竹岡圭》

編集部おすすめのニュース

特集