JR東日本、「ムーンライトえちご」4月以降は列車名変えて運転…春の臨時列車

鉄道 企業動向

JR東日本高崎支社は1月24日、春季122日間(3月1日~6月20日)に運転する春の臨時列車の概要を発表した。ゴールデンウィークや沿線のイベントにあわせ、SL列車などを運転する。

上越線の高崎~水上間ではSL列車を多数設定。D51形が12系客車5両または6両をけん引する『SLみなかみ』(3月21日~6月28日の土曜など)のほか、D51形が旧型客車6両をけん引する『SLレトロみなかみ』(5月5・31日)、C61形が12系客車5両をけん引する『SLC61復活記念号』(6月14日)などが運転される。運転時刻は高崎9時56分発~水上12時04分着、水上15時20分発~高崎17時13分着。SL列車は信越本線高崎~横川間でも『SL碓氷』『SLレトロ碓氷』が運転される。

一方、上越線水上~越後湯沢間ではSL列車に接続する快速列車を運転する。運転時刻は下りが水上12時13分発~越後湯沢13時29分着、上りが越後湯沢13時43分発~水上15時05分着。使用車両と列車名は運転日によって異なり、5月17日は485系改造車「NO.DO.KA」3両の『NO.DO.KAもぐら』『NO.DO.KAループ』、5月31日はキハ48形改造のトロッコ風気動車「びゅうコースター風っこ」2両の『風っこもぐら』『風っこループ』、5月24日は北越急行HK100形2両の『ゆめぞらもぐら』『ゆめぞらループ』として運転される。

吾妻線方面は特急『草津83・84号』を上野~長野原草津口間で運転。『83号』は3月1・8・15・21・22日、4月26日、5月3~5日に上野11時10分発~長野原草津口13時37分着、『84号』は3月2・9・16・22・23日、4月27日、5月4~6日に長野原草津口14時45分発~上野17時17分着のダイヤでそれぞれ運転される。車両は185系7両だが、3月15日ダイヤ改正以降は651系7両に変更し、『83号』の長野原草津口到着時刻も13時40分に変わる。

485系を改造した団体・臨時列車向け観光車両「リゾートやまどり」6両を使用した臨時列車は、上野~長野原草津口間の特急『リゾート草津』(3月29・30日)、上尾~新潟間の特急『リゾートやまどり越後』(6月14日)、大宮~万座・鹿沢口間の快速『リゾートやまどり』(4月12・13・19・20日、5月10・11・17・18日、6月15・22日)、高崎~日光間の快速『リゾートやまどり栃木』(6月21日)などの運転が予定されている。このうち上野~万座・鹿沢口間の『リゾートやまどり』は、途中の中之条駅(11時16分着・12時44分発)で乗客全員にいったん下車してもらい、観光後再び乗車してもらう形になる。

新宿~新潟間の夜行快速は、3月20~31日が従来と同じ『ムーンライトえちご』として運転される一方、4月以降は列車名を変えて『えちご春の夜空号』として運転される。車両は485系6両編成で、運転時刻は『ムーンライトえちご』『えちご春の夜空号』ともに下りが新宿23時10分発~新潟4時51分着、上りが新潟23時39分発~新宿5時09分着。『えちご春の夜空号』の運転日は下りが4月4・5・25・26日と5月2・3日の計6日間、上りは4月4・5・25日と5月2日の計4日間となる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集