【F1】ケータハム、トヨタの風洞実験室を使用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トヨタの風洞実験室
  • トヨタの風洞実験室
  • シリル・アビテブール氏
ケータハムは1月22日、彼等の風洞実験プログラムをドイツのケルンに所在する、トヨタ・モータースポーツのハイテク施設に変更することを公表した。

チームの代表者であるシリル・アビテブール氏は、元トヨタのワークスF1チームのハブであり昨シーズンにフェラーリによって使用されたトンネルを使用することは、ケータハムを他のF1チームと同様の技術的な層に移動させるからだと説明した。

「TMG(トヨタ)の施設は我々に60%スケールのモデルの利用を可能とし、それは現在までに我々が使用していた50%スケールを超えるものだ。そしてそれはトンネルで発生したデータの正確性を増加させるという、明らかな利益を持っている」とアビテブール氏は語った。

ケータハムは2013年のシーズンをコンストラクターのチャンピオンシップの最下位で終了したが、チームの創始者でありチェアマンであるトニー・フェルナンデス氏は、彼等は現在、彼等の5年目の競技において、重大な進歩を遂げる為に必要なものの全てを手にしていると語った。なお、同チームには小林可夢偉のエントリーが決定している。
《河村兵衛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース