【CES14】米NVIDIA、先進運転支援・車載向けモバイルプロセッサ「Tegra K1」を発表

自動車 ビジネス 企業動向
Tegra K1
  • Tegra K1
ラスベガスで開催中のCES2014で、米国のパソコン電子部品メーカーNVIDIAは、高い演算処理能力を持ち先進運転支援(ADAS)や自動運転に使用できるモバイル・プロセッサ「Tegra K1」を発表した。

このTegra K1は、Keplerアーキテクチャで192コアのCPUを搭載しており、GPGPU開発環境である『CUDA』に対応できる最初のモバイル・プロセッサICであるという。Tegra K1には、32ビットCPUと64ビットCPUの2つのバージョンが設定されている。

NVIDIAはCES14で、このTegra K1を車載アプリケーションに搭載したデモンストレーションを公開。NVDIAは、パソコンのグラフィック分野で大きな技術力を持っており、今回のTegara K1の発表で自動車分野に進出することを明らかにした。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集