【トヨタ ハリアー 新型発表】“選べるダークカラー”がコンセプト。

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
  • トヨタハリアーハイブリッドPREMIUM Advanced Package
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド Premium “Advanced Package”
トヨタ『ハリアー』のボディカラーのコンセプトは“選べるダークカラー”だという。

ハリアーのメインターゲットは、「20代から30代の独身男性だ。そういった方に、自分のファッション、特に、ダークスーツなどでインナーとアウターをコーディネートする感覚で、自由に選んでいただきたいという想いでいる」とは、豊田自動織機自動車事業部技術部デザイン室車両デザイン第1グループの小西勲さんの弁。

ハリアーのボディカラーについて、「赤や黄色など派手な色ではなく、実際に自分が着るファッション感覚で、トーンを押さえた色合いにした。基本は5色のダークカラーで、微妙なニュアンスが各色の狙いだ」という。

特に新規開発色の“スパークリングブラックパールクリスタルシャイン”は、ハリアー専用色だ。小西さんは、「若い方のデートシーンでは、夜景を見に行くだろう。そこで似合う色のイメージだ」と話す。「輝きを重視した。太陽光の下はもちろん、水銀灯の下などで見たら非常にきれいな輝きを放つだろう」と述べ、さらに、「ボディサイドは、漆黒感でボディを引き締め、光のあたる部分ではハイライトが感じられ、立体をしっかりと見えるようにカラーをデザインした」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集