【2014年3月ダイヤ改正】JR貨物、列車速達化や機関車など新製

鉄道 企業動向

2014年3月15日のダイヤ改正はJR旅客各社だけでなく、JR貨物も同時に実施する。各地を結ぶ列車の速達化のほか、機関車やコンテナ車、コンテナの新製増備などが主な内容となる。

関東~関西間では、東京貨物ターミナル~吹田貨物ターミナル間に速達タイプの列車を設定。現在は東京14時38分発となっている列車を東京23時33分発に変更し、所要時間も現行より4時間10分短縮して吹田に翌朝6時32分着とする。吹田23時52分発の列車も所要時間を49分短縮する。このほか、東京貨物ターミナル~福岡貨物ターミナル間の最速列車をさらに高速化し、所要時間を23分短縮。東京貨物ターミナル~安治川口間の列車も現行より最大27分短縮する。

関東~北海道間では、上越・信越・羽越・奥羽線経由で運行している梶ヶ谷貨物ターミナル~札幌貨物ターミナル間の1往復を東北本線経由に変更。札幌行きは7時間49分、梶ヶ谷行きは2時間17分の短縮となる。

関西~九州間では、大阪貨物ターミナル12時30分発の福岡貨物ターミナル行きを新たに設定。飲料や食料工業品などの需要に対応する。

車両の新製は、機関車14両とコンテナ車178両。いずれも形式は示されていない。コンテナは4000個を増備し、内訳は12フィートコンテナの19Dが2200個、19Gが500個、12フィート通風コンテナのV19Cが1000個、12フィート背高コンテナの20Dが250個、30フィートコンテナの30Dが50個となっている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集