JR東日本×絵本ナビ、子どもたちとつくったオリジナルSL絵本が完成

鉄道 エンタメ・イベント

SLぎんがくんのいちにち
  • SLぎんがくんのいちにち
  • SLぎんがくんのいちにち
  • ワークショップの様子
  • ワークショップの様子
  • みんなでつくる! SLえほん制作プロジェクト
  • みんなでつくる! SLえほん制作プロジェクト
 絵本の情報・通販サイトを運営する絵本ナビはJR東日本盛岡支社と進めてきた「みんなでつくる! SLえほん制作プロジェクト」について、絵本「SLぎんがくんのいちにち」が完成したと発表した。

 「みんなでつくる! SLえほん制作プロジェクト」は、JR釜石線でのSL復活(2014年4月以降)が決定したことを受け、2013年6月よりスタート。SLを知らない世代にSLのことを知ってもらい、東北エリアでSLが復活したことを絵本に残して、次世代の記憶に刻んでもらう目的で進められた。

 プロジェクトでは、SLをテーマにしたストーリーのアイデアを一般から募集する「SLえほんストーリーのアイデアコンテスト」を実施。集まった211作品の中から、立花ひなたさん(7歳・岩手県)の「SLくんの1にち」が大賞に選ばれた。このアイデアをもとに、絵本制作のワークショップを経て、今回、絵本作家・石井聖岳氏による絵本「SLぎんがくんのいちにち」が完成した。

 「SLぎんがくんのいちにち」は、SLぎんがくんとぎんがくんに乗る子どもたちとの交流や、さまざまユニークな駅に到着する様子のストーリー。絵本には、ワークショップで子どもたちが描いた絵も登場するという。

 なお、絵本は寄贈用として制作したもので、発売は行わないという。絵本の内容については、絵本ナビのWebサイトで全ページを試し読みをすることができる。
《水野 こずえ》

編集部おすすめのニュース

特集