ANA、航空貨物事業会社「ANAカーゴ」を新設…羽田・成田からの貨物便ネットワークを拡充

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、2014年4月から航空貨物事業を展開する新会社「ANAカーゴ」を設立、営業を開始すると発表した。

顧客ニーズに機敏に対応できる体制を整え、貨物事業の拡大を図るのが目的。航空貨物事業の拡大に向け、事業基盤を一新し、これまでANA貨物事業室が主に担っていた企画・マーケティング・販売計画などと、ANAロジスティクサービスが担っていたエアラインセールス・上屋ハンドリング・ソリューション(フォワーディング/ロジスティクス)の貨物事業を統合する。新会社の社員数は約900人となる。

貨物便ネットワークも拡充する。運用開始5年目を迎える沖縄貨物ハブネットワ-クに、新たな路線として2014年3月から広州~沖縄、5月から沖縄~シンガポ-ルを開設する。2014年1月1日から運航開始する沖縄~青島線に続く新規路線で、これで沖縄貨物ハブは合計12地点を結ぶことになる。これにより、アジア・中国の主要都市との路線を網羅し、アジア内を往来する旺盛な航空貨物需要を取り込む。

同時に、沖縄貨物ハブ以外の貨物便ネットワ-クは、成田~広州線を2014年1月1日から、成田~ジャカルタ線とシンガポール~成田線、成田~関西~上海線を2014年5月に就航、成田からの貨物便ネットワ-クも拡充する。

ANAでは、今後もANAグループの旅客便ネットワ-クとフレイターネットワークをあわせたコンビネーションキャリアとして、利便性と輸送品質を最大限に高めるとともに、フレイタービジネスでは機材稼働率の向上によるユニットコストの低減などにより、収益基盤を強化する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集