AIRDO、B737-500型機を2016年1月に全機退役へ…中型・小型の2機種体制を維持

航空 企業動向

AIRDO Webサイト
  • AIRDO Webサイト
AIRDOは、2013年度~2016年度中期経営戦略での機材計画を発表した。

中期経営戦略期間中も収益性と就航路線との適合性を図るため、今後も中型機・小型機の2機種体制を維持する。

B767型機については、2016年度中に1機が退役、引き続き、同型機の導入を図り継続使用。また、他の機材が順次退役を迎える2020年度以降については、中期経営戦略期間中に後継機を選定し、導入に向けた準備を開始する。

2015年度下期以降の国内路線展開に向けて、B737次世代型機シリーズを2機程度、追加導入する。

B737-500型機は、B737-700型機9号機を2016年1月に導入するのに伴って全機を退役させる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集