【ダカール14】ホンダ、新型CRF450ラリーで参戦

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ホンダは、2014年1月に南米のアルゼンチン、ボリビア、チリを縦断して開催される「ダカールラリー2014」のモト部門に「TEAM HRC」としてワークス参戦する。

参戦ライダーは、エルダー・ロドリゲス(ポルトガル)、サム・サンダーランド(英国)、ハビエル・ピゾリト(アルゼンチン)、ホアン・バレダ(スペイン)、パウロ・ゴンサルヴェス(ポルトガル)の5名。参戦車両は、ダカールラリー2014参戦に向け、新規に開発したラリーレース専用モデルの新型『CRF450ラリー』を投入する。

今年10月にアフリカのモロッコで開催されたダカールラリーの前哨戦と言われている「モロッコラリー2013」および「メルズ-ガラリー2013」に、TEAM HRCは新型CRF450ラリーのテストを兼ねて参戦し、両大会ともに勝利を収めている。

ホンダはラリーレースの普及と拡大のため、参戦を目指すチームや個人に対して、2014年にCRF450ラリーの量産モデルの市販を予定。そのための検証の一環として、ダカールラリー2014に参戦するパブロ・ロドリゲス(アルゼンチン)、ジェアン・アゼヴェド(ブラジル)、ライア・サンツ(スペイン)の3選手に対して、CRF450ラリーの先行量産モデルの貸与と、現場でのテクニカルサポートを予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集