【CES 14】トヨタ FCVコンセプト、北米初公開へ…現地公道テストも計画

自動車 ニューモデル モーターショー

トヨタ・FCVコンセプト
  • トヨタ・FCVコンセプト
  • トヨタ・FCVコンセプト
  • トヨタ FCVコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ FCVコンセプト(東京モーターショー)
  • トヨタ FCVコンセプト(東京モーターショー)
  • トヨタ FCVコンセプト(東京モーターショー)
トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は12月18日、米国ラスベガスで2014年1月に開催されるCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)14において、トヨタ『FCVコンセプト』を北米初公開すると発表した。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市。

FCVコンセプトは、トヨタの次世代燃料電池車のデザインを提示したコンセプトカー。2013年11月、東京モーターショー13でワールドプレミアされた。それから1か月半を経て、同車が北米デビューを果たす。

新型のFCスタックは、現行のトヨタ『FCHV-adv』のスタックに比べ、2倍以上の出力密度(3kW/L)を実現。小型・軽量化を図りながら、出力は100kW以上を達成する。さらに、FCシステムには、高効率の昇圧コンバーターを採用。高電圧化により、モーターの小型化と燃料電池のセル数削減を可能とし、FCシステムの小型・高性能化とシステムコストの低減を実現した。

また、実用航続距離は500km以上。水素の満充填は3分程度と、ガソリン車並みの短時間で済む。セダンタイプの専用ボディの床下に、FCスタックや70MPaの高圧水素タンク2本を配置した高効率パッケージも、FCVコンセプトの特徴。

今回、米国トヨタ販売は、FCVコンセプトの北米初公開後、現地で公道テストを行うと発表。米国トヨタ販売は、「多くの距離を走行し、品質と耐久性を確認していく」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集