ANA、ガルーダ・インドネシア航空と包括提携で合意…コードシェアやマイレージ提携

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は12月19日、ガルーダ・インドネシア航空と包括提携を結ぶことで合意したと発表した。

ANAは2014年3月30日から、ガルーダ航空は2014年上期中に、それぞれ羽田~ジャカルタ線を新規開設する。これにより日本~インドネシアを結ぶネットワークは、ANAが週14便、ガルーダ航空が週39便(含む関空路線)、両社合計で週53便に拡大する。

包括提携では、日本~インドネシアの両社の運航便にコードシェア便名を付与する。ANA運航便利用者は、ジャカルタ到着後、コードシェア便(ガルーダ航空運航便)を利用してインドネシア国内のジョグジャカルタ、スラバヤなど最大10路線へ乗り継ぎが可能となる。また、ガルーダ航空運航便利用者は、羽田・成田・関空に到着後、コードシェア便(ANA運航便)で千歳、名古屋など最大11路線の利用が可能となる。

また、マイレージ提携を進めるための協議を開始する。どちらの航空会社を利用しても、それぞれのマイレージクラブ会員としてマイルが貯まるようにする予定。具体的な開始時期、内容は、別途案内する。

ANAとガルーダ航空は、今回の合意とネットワークの拡大を機に、顧客サービスの充実を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集