メルセデスベンツの2013年生産台数、新記録が確定…149万台超え

自動車 ビジネス 企業動向

ドイツの自動車大手、ダイムラーは12月17日、2013年のメルセデスベンツの生産台数に関して、「新記録を達成することが確実になった」と発表した。

ダイムラーによると、2013年のメルセデスベンツブランドの年間生産台数は、すでに149万台を突破。3年連続で前年実績を上回る新記録になるという。

生産台数が伸びているのは、世界的にメルセデスベンツ車に対する需要が好調なため。2013年1-11月の世界新車販売は、132万2500台と、すでに2012年の実績を更新。前年同期比は10.7%の伸び。

とくに、新型『Aクラス』、『Bクラス』、『CLAクラス』の3車種は2013年11月、合計で3万3382台を販売。前年同月比は53.8%の大幅増を達成した。改良新型『Eクラス』も、前年同月比19%増と好調。『Mクラス』などのSUVも支持されており、2013年1-11月では、SUV合計で14.4%増の25万台以上を販売した。

ダイムラーのメルセデスベンツ生産担当、Andreas Renschler取締役は、「生産新記録とともに、メルセデスベンツは新たなベンチマークも打ち立てた。これは我々の商品に対する顧客の反応が良好な証」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集