【株価】ダイハツ工業が反落…外資系証券の投資判断格下げを嫌気

自動車 ビジネス 株価

トヨタ・アギア(ジャカルタモーターショー12)
  • トヨタ・アギア(ジャカルタモーターショー12)
  • ダイハツ 新型タント
全体相場は続伸。

円相場の落ち着きが買い安心感を誘い、主力株への買いが優勢。高値圏ではFOMC(米連邦公開市場委員会)控えでもみ合い商状となったが、円相場の弱含み受け、引けにかけて上げ幅を拡大した。

平均株価は前日比309円17銭高の1万5587円80銭と大幅続伸。11日以来の1万5500円台を回復した。

自動車株は全面高。

トヨタ自動車が100円高の6200円と続伸。

ホンダが125円高の4215円と続伸し、日産自動車が25円高の890円と6日ぶりに反発。

マツダ、富士重工業が反発。

全面高の中、ダイハツ工業が46円安の1714円と反落。外資系証券が投資判断を格下げしたことが嫌気されている。同証券では、消費増税に伴う販売数量減、インドネシア事業の収益悪化などから、来3月期の2ケタ減益を予想。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集