中部国際空港、年末年始予約状況3.8%増の21万人…ピークは12月29日と1月3日

航空 企業動向

中部国際空港は、2013年の年末年始(2013年12月20日~2014年1月5日)の国際線の予約状況を発表した。

期間中の出発便は前年同期と比べて3便マイナスの689便となる。このうち、定期便は前年と同じ674便、臨時・チャーター便が15便となる。路線では、韓国線、中国線がマイナスとなっているが、東南アジアの便が大幅に増える。

予約総数は同3.8%増の20万8900人となっている。内訳は出発旅客が同4.8%増の10万6900人、到着旅客が同2.7%増の10万2000人と、前年を上回っている。

出発の第1ピークは12月29日の8500人、到着の第1ピークが1月3日で8800人となっている。

方面別の予約では韓国が同9.5%減、チャーター便のみのオセアニアが同62.5%減、欧州・中東が同5.1%減と前年を割り込んだ以外は伸びている。特に中国は同18.5%増と急回復、東南アジアが同11.8%増、ビーチリゾートが同14.9%増と伸びている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集