ユーロコプタージャパン、グラフィックへ「AS350B2」ヘリコプターを納入…日本で初めてVEMDを装備

航空 企業動向

ユーロコプタージャパンは、ユーロコプター製ヘリコプター「AS350B2」1機をグラフィックへ納入したと発表した。

機体は、現在運航されている AS350Bの後継機として運用されている。AS350B2としては日本で初めてVEMD(ビークル・アンド・エンジン・マルチファンクション・ディスプレイ)を標準装備する。

AS350を含むエキュレイユファミリーは、国内では100機以上、世界では4500機以上が運航されている。これらの機体は、空撮、人員輸送、物資輸送、報道取材の他、個人とVIP輸送機として幅広い用途で使用されている。

AS350B2は、単発の多目的ヘリコプターで、アリエル1D1エンジンを搭載し、VEMDを標準装備する。

ユーロコプタージャパンのステファン・ジヌー社長は「AS350B2の納入は、製品、サービスに対する信頼の証であると受け止め、引き続き、整備、訓練、運航支援などのアフターサポートを通じて、顧客を支援していく」と述べている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集