【ホンダ レーシング サンクスデー13】史上最年少チャンピオンがもてぎを疾走[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

11月30日、ツインリンクもてぎにおいてホンダ レーシング サンクスデー 2013が開催され、イベント当日は、国内外で活躍するホンダのワークライダー、ワークスドライバーやマシンが集い、会場を盛り上げた。

サンクスデー2013には国内外のトップレースで活躍する二輪車も数多く展示された。中でも最大の注目は、今シーズン史上最年少でMotoGPを制したマルク・マルケス選手と、同選手がが駆る『RC213V』の展示。今シーズンホンダはMotoGPにおいてライダー、コンストラクター、チームの3冠を達成した。

その他にも、2013年鈴鹿8時間耐久ロードレースを制した#634 MuSASHI RT HARC-PROの『CBR1000RR』などの展示や、MFJ全日本トライアル選手権シリーズに参戦した選手らによるトライアルデモなどが行われた。
《橋本 隆志》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集