スターフライヤー、年末年始の予約状況を発表…ピークは下り便が28日、上り便は4日

航空 企業動向

スターフライヤーは、今年の年末年始期間である12月20日から1月5日の予約状況を発表した。

まず、国内線全体の予約率については、59.1%と前年比4.6%増と好調な予約状況を見せている。路線別では、福岡-羽田線の10便と福岡-関西線の8便が予約率増を記録しているのが目につく。

日別の予約率については、下り便では28日から31日まで70%を越えて、ピークは28日の75.9%を記録している。上り便では、3日から5日が70%を越える混雑ぶりで、ピークは4日の81.1%となっている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集