【日産 エクストレイル 新型発表】片桐副社長、安全装備は主要モデルで「揃い踏み」へ

自動車 ニューモデル 新型車

日産 エクストレイル
  • 日産 エクストレイル
  • 日産自動車 新型エクストレイル 発表会
  • 日産自動車 片桐隆夫副社長
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産・エクストレイル
  • 日産 エクストレイル
  • 新型エクストレイルのフロントには「Vモーションシェイプ」を採用
日産自動車は12月11日、3代目となった新型『エクストレイル』を発表した。片桐隆夫副社長は、本格展開の第1彈となった緊急ブレーキなど安全装備についての展開計画も示し、国内販売の巻き返しにつなげる考えを表明した。

新型エクストレイルは、前方の車両などとの衝突回避や被害軽減につなげる「エマージェンシーブレーキ」や「踏み間違い衝突防止アシスト」などを大半のグレードにパッケージで標準設定した。片桐副社長は「オフロードだけでなく、普段使いにも安心して乗っていただける装備」と強調した。

エマージェンシーブレーキなどは近くマイナーチェンジして発売する『セレナ』と『ノート』という同社の国内向け看板モデルにも搭載する計画。これらのモデルは東京モーターショーにも出品した。片桐副社長は、「コアモデルへの展開によって安全装備の揃い踏みを図り、総合力で国内販売に取り組みたい」と話した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集