フォード、シーメンスの新ソフトによる組立工場のヴァーチャル・ナビゲーションを開始

自動車 ビジネス 企業動向

フォードは、Google Earthを使ったシーメンスの新ソフトによる組立工場のヴァーチャル・ナビゲーションを開始したことを、12月9日付けで発表した。

新ソフトは、Google Earthを使ったクラウドに基づくウェブ・アプリケーションの一種で、組立工場の内部を3Dで画面上にバーチャル表示することができ、画面上のヴァーチャル画像から世界中に点在するフォードの工場の作業の進み具合を一目で理解することができる。

フォードのジョン・フレミング副社長によると、フォードは常に世界中の生産システムの標準化を改善することを目指している。その中でシーメンスの新ソフトは、世界中の工場間の地域横断的な将来の通信手段に導いてくれる、としている。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集