【エコプロダクツ13】ホンダ、寄居工場のビオトープなどを紹介

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ・ブースイメージ
  • ホンダ・ブースイメージ
  • ホンダ・UNI-CUB β
  • ホンダ・UNI-CUB β
  • ホンダ・UNI-CUB β
ホンダは、12月12日から14日の3日間、東京ビッグサイトで開催される環境展示会「エコプロダクツ2013」にブースを出展する。

同社のブーステーマは「地球はつづく。Hondaはつづける。」。今年7月に稼働を開始した埼玉製作所寄居工場のビオトープや、ツインリンクもてぎにある森の自然体験ミュージアム「ハローウッズ」、ビーチクリーン活動で活躍する「Hondaビーチクリーナー」、新しいパーソナルモビリティーとして開発中の「UNI-CUB β」に加えて、クルマのリサイクル展開などを紹介する。

これらの展示を通して、ホンダの環境とエコロジー社会への取り組みや成果を分かりやすく伝えていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集