豊田通商、三井造船とともにケニア・モンバサ港へクレーン6基の供給・据付工事を受注

船舶 企業動向

豊田通商は、三井造船とともに、ケニア運輸省港湾公社(KPA)から、東アフリカ最大の貿易港である、ケニア・モンバサ港開発事業のうち、港湾クレーン6基の供給・据付を受注した。

豊田通商が東アフリカでの港湾案件を受注したのは初めて。受注金額は約29億円で、2015年12月に完工する予定。

事業は、アフリカ開発会議(TICAD)で日本政府が、アフリカ支援の一環として表明した経済インフラ整備を実施するもの。国際協力機構(JICA)を通じて供与する円借款で実施されるもので、日本の技術活用条件(STEP)が適用される。今回の受注は、三井造船の港湾クレーンの高い技術力が評価されたもので、特にヤードクレーンには、CO2排出量を大幅に削減した環境配慮型のハイブリッド技術が採用される。

東アフリカ最大の貿易港であるモンバサ港は、ケニア唯一の国際貿易港。同港のコンテナ貨物の取扱能力は45万TEUとなっているが、東アフリカの経済発展に伴って、2015年には115万TEUに取扱量が増加する見込み。

今回受注した事業によるコンテナターミナル拡張により、コンテナ取扱能力は120万TEUとなる。同港は北部回廊の玄関口として、東アフリカ地域の内陸国であるウガンダ、ルワンダ、ブルンジなどへ繋がる交易拠点。北部回廊は日本政府が支援を表明している「アフリカ5大成長回廊」のひとつで、今回の事業の実施、回廊整備によって、東アフリカ地域全体の経済発展に貢献していく。

豊田通商は、ケニアを「重点国」として位置付けており、同国政府による国家ビジョン「VISION2030」実現のため、2012年8月に包括的な覚書を締結するなど、ケニアでの広範な事業への相互協力関係構築を進めている。豊田通商では、今後もケニアの発展に寄与するよう幅広く取り組んでいくとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集