【株価】ダイハツ工業が4日続落…軽自動車税の引き上げ観測を嫌気

自動車 ビジネス 株価

全体相場は3日ぶりに反発。

平均株価は前日比122円37銭高の1万5299円86銭と反発。

米国株安を受け売り先行で始まったが、売り一巡後は前日まで下落した反動で買い戻しが活発化。後場入り後は値ごろ感からの買いが優勢となり、引けにかけて上げ幅を拡大した。

自動車株は全面高。

ホンダが50円高の4245円、日産自動車が17円高の897円と反発。

マツダ、スズキ、富士重工業、三菱自動車がしっかり。

こうした中、ダイハツ工業が7円安の1791円と4日続落。軽自動車税の引き上げ観測を嫌気した売りが出ているもよう。

トヨタ自動車が6220円、日野自動車が1519円で変わらず。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集