三菱 デリカD:2 一部改良、デュアルジェットエンジンとアシストバッテリーを搭載

自動車 ニューモデル 新型車

三菱・デリカD:2
  • 三菱・デリカD:2
  • 三菱・デリカD:2
  • 三菱・デリカD:2
  • 三菱・デリカD:2
三菱自動車は『デリカD:2』を一部改良し、12月5日から販売を開始した。

今回の一部改良では、アイドリングストップ機能を搭載した「S AS&G」グレードに、「デュアルジェットエンジン」と「高効率減速エネルギー回生システム“アシストバッテリー"」を搭載。力強い走りと低燃費を両立し、クラストップの低燃費25.4km/リットル(JC08モード)を達成した。エコカー減税対象車として、自動車取得税と重量税が免税になる。

また「S」「X」グレードの4WDも、「デュアルジェットエンジン」搭載により、燃費を大きく改善。エコカー減税対象車となり、自動車取得税と重量税が50%軽減される。

さらに、「S AS&G」にブルースケルトンのフロントグリルを採用したほか、全車でバンパー、エアダム、アルミホイール、ルーフスポイラー、メーターなど内外観のデザインを変更。加えて、リヤドアに「ワンタッチ電動スライドドア」を採用し、使い勝手も向上させた。

価格は155万7150円から183万4350円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集