【富士スプリントカップ13】GT500クラス、最後の戦いにアクセル全開[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

11月24日、富士スピードウェイで開催されたJAF GP富士スプリントカップ。

シーズン戦を終えてもなおドライバーたちの熱は収まることはなく、来季からの大幅な技術規定の改定を受けて、現規定による最後の熱い戦いが繰り広げられた。

絶好のコンディションで迎えた決勝第二レース。GT500クラスは、レクサスSC430の大嶋和也が22周を34分31秒193で優勝。同車を駆る2位の中嶋一貴とコンマ2秒の差をつけて逃げ切った。

最終戦に続いて2連勝を飾った大嶋は、「チェッカーを受けた時は無線で叫んでいました。中嶋選手がなかなか離れてくれなくて、かなり厳しい展開でしたから」と、熱い接戦を振り返った。

来季からは、ドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)との技術共有により、新たな戦いが幕を開ける。

以下、上位リザルト。

1位:#6 ENEOS SUSTINA SC430/大嶋 和也
2位:#36 PETRONAS TOM'S SC430/中嶋 一貴
3位:#12 カルソニックIMPUL GT-R/J.P.デ・オリベイラ
4位:#38 ZENT CERUMO SC430/平手 晃平
5位:#100 RAYBRIG HSV-010 /伊沢 拓也
《小川 貴裕》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集