【大阪モーターショー13】6つの特別企画ゾーン、ファミリーでも楽しめるイベントに

自動車 ニューモデル モーターショー

第7回の会場
  • 第7回の会場
  • メインビジュアル タイヤカー
  • 大阪モーターショーロゴ
  • 大阪モーターショー開催発表
  • 第7回の会場
  • 第7回の会場
12月2日、大阪モーターショー実行委員会は第8回大阪モーターショーの開催会見を行い、山椛洋一ディレクターは「開催概要のなかで、6つの特別企画を用意して、みなさんに楽しんでもらえる大阪モーターショーを目指している」と、訴求した。

今回の第8回大阪モーターショーで行われる6つの特別企画を紹介すると、1.エコカーと暮らしの未来ゾーン、2.カスタマイズワールド、3.日刊自動車新聞 用品大賞受賞コーナー、4.ドライブで観光コーナー、5.新車ディーラー特別仕様車発表会、6.環境・安全自動車試乗体験コーナーだ。

まず、エコカーと暮らしの未来ゾーンでは、環境やエネルギーに関する新しい技術を展示・紹介する。この未来ゾーンのエネマネ(エネルギーマネジメント)紹介ブースでは、EVやPHVに蓄積された電力をHEMS(家庭用エネルギー管理システム)よって管理・利用する技術を紹介する、など内容が豊富だ。

次に、カスタマイズワールドでは、個人のライフスタイルの多様化に対応するカスタマイズを展示し、カスタマイズについて各種サポートや相談を受け付けるコーナーも開くという。

そして、ドライブで観光コーナーでは、14府県26ブースで、東は山梨県から西は鹿児島県までのドライブと観光を紹介する。

最後に、環境・安全自動車試乗体験コーナーは、12月20日と21日の2日間だけ雨天決行で試乗体験を受け付ける。20日については、午前10時から受け付け、21日については、午前9時30分から受け付ける。このコーナーの開催場所は、インテックス大阪の1号・2号・3号館裏の野外展示場だ。
《山内 博》

編集部おすすめのニュース

特集