新生サーブ、量産を再開へ…経営破綻から2年ぶり

自動車 ビジネス 企業動向

2011年12月、経営破綻したスウェーデンの自動車メーカー、サーブオートモビル(以下、サーブ)。そのサーブを買収したナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(以下、NEVS)が、サーブ車の量産を再開することが分かった。

これは11月29日、NEVS社が明らかにしたもの。同社は、「12月2日の13時(現地時間)、スウェーデンのトロールハッタン工場において、サーブ車の量産を再開する」と発表している。

NEVS社は2012年5月、元ボルボ(商用車)CEOのKarl-Erling Trogen氏が立ち上げたEVベンチャー。同社の主な出資者は、中国(香港)の代替エネルギー会社と日本の投資会社であり、日中連合企業にサーブは買収された形。

NEVS社は、サーブをEVメーカーに転身させる計画。新型EVは2014年に生産・販売を開始する予定だが、それまでの運転資金を確保し、サーブの存在をアピールするために、ガソリンエンジン搭載の『9‐3』の量産を再開する。

なお、NEVS社は2013年9月、今回の量産再開に先駆けて、品質確認を目的にサーブ9-3を試験生産。12月2日にラインオフするモデルは、9-3のセダンの「エアロ」グレードの予定。サーブの経営破綻から、2年ぶりの量産再開となる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集