【株価】富士重工が上場来高値更新…世界的に販売好調、2020年に自動運転車実用化も

自動車 ビジネス 株価
新型スバル フォレスター(米国仕様車)
  • 新型スバル フォレスター(米国仕様車)
  • 富士重工業(スバル)の吉永泰之社長(東京モーターショー13)
全体相場は反落。

前日の大幅高で6年ぶりの高値を付けたとあって、幅広い銘柄を対象に利益確定売りが先行。一時円安進行を受けて下げ渋る場面もあったが、週末要因もあり反落して取引を終えた。

平均株価は前日比65円25銭安の1万5661円87銭と反落。

自動車株は高安まちまち。

ホンダが25円高の4330円と続伸。

富士重工業が24円高の2892円と続伸。一時32円高の2900円まで買われ、7月19日に付けた上場来高値2882円を更新した。世界的な販売好調が続いており、2020年に自動運転車を実用化すると報じられている。

スズキ、ダイハツ工業がしっかり。

一方、トヨタ自動車が10円安の6380円と小反落。

日産自動車も3円安の936円と反落。

いすゞ自動車、日野自動車、三菱自動車、マツダがさえない。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

  • 富士重工、通期営業利益を2780億円に大幅増額修正 画像 富士重工、通期営業利益を2780億円に大幅増額修正
  • 富士重工吉永社長「米国からは 富士重工吉永社長「米国からは"まだ売れる"とすごい圧力」
  • ホンダ、世界生産が過去最高の41.9万台…10月実績 画像 ホンダ、世界生産が過去最高の41.9万台…10月実績
  • スズキ、国内登録車販売が13か月ぶりのプラス…10月実績 画像 スズキ、国内登録車販売が13か月ぶりのプラス…10月実績

特集