日産、リーフ を活用したオフィスビル向け電力給電システムを開発

エコカー EV

「Vehicle to Building」 日産先進技術開発センター
  • 「Vehicle to Building」 日産先進技術開発センター
日産自動車は、家庭用の「LEAF to Home」電力供給システムを応用した、オフィスビル向けの「Vehicle to Building」システムを開発し、実証実験を開始した。

今回開発した「Vehicle to Building」は、複数の『リーフ』を同時に接続し、オフィスビルやマンションなどの建物に給電するシステム。最大6台のリーフを同時に接続し、3相200Vでビルの配電盤へ電力を供給することで、より多くの電気を効率的に流すことができるシステムとなっている。

大口の電力を使用するオフィスビルやマンションでは、ピーク電力に応じて電力料金が決められているが、同システムは、電力需要がピークになる前に「Vehicle to Building」 を介してリーフから給電することで、ピーク時の電力消費をカットし、電力料金の削減を可能とする。

実証実験は2013年7月より、同社の先進技術開発センター(厚木市)にて開始。従業員の通勤用リーフ6台を使用し、電力需要の少ない時間帯はリーフへ充電、電力需要の多い時間帯(13-16時)にはリーフからビルへ電力供給し、ピークカットを実現する。

実験では、複数のEVの充放電を制御することで、従業員の通勤利用を妨げることなく、夏期の電力ピークを最大25.6kW押し下げることに成功。これは、先進技術開発センターでのピーク時の電力を約2.5%削減し、年間約50万円の電力料金低減効果に相当する。

日産では今後、同システムの運用面での課題をさらに洗い出し、社外での実証実験へと繋げていく予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集