【株価】富士重工が3日ぶりに反発…10月の世界生産が過去最高を記録

自動車 ビジネス 株価

全体相場は3日ぶりに反発。

米国株高、為替円安を受けて、輸出関連株を中心に買いが先行。幅広い銘柄が物色され、終日高値圏での動きとなった。

平均株価は前日比277円49銭高の1万5727円12銭と急反発。月に付けた年初来高値を更新し、2007年12月12日以来6年ぶりの高値水準となった。

自動車株は全面高。

トヨタ自動車が70円高の6390円と反発。

ホンダが65円高の4305円、日産自動車が12円高の939円と反発。

富士重工業が95円高の2868円と3日ぶりに反発。国内販売、輸出の増加により、10月の世界生産は前年同月比5.9%増の7万5809台と過去最高を記録している。

スズキが59円高の2624円と続伸。

いすゞ自動車、日野自動車も続伸。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集