ビーウィズ、特別バージョンのプロセッサーをセットしたルームミラー型プレーヤーを限定新発売

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

ビーウィズは、プロセッサー「BEWITHSTATE」の特別バージョンとルームミラー型プレーヤーのセットモデルを2014年1月24日より計100セットで限定発売する。

今回発売するのは、マルチプロセシングDACシステム「BEWITHSTATE」をベースに高音質化を図った特別バージョンの「BEWITHSTATE BS04リミテッド」と、ルームミラー型リニアPCMプレーヤー「STATE MM-1D」、専用MLケーブルの3点を組み合わせたセットモデル。6メートルケーブルとセットの「STATE パッケージL」および3メートルケーブルの「STATE パッケージS」の2商品を用意する。

BEWITHSTATE BS04 リミテッドは、今回の限定パッケージのための特別バージョンとして新たに用意したスペシャルチューンドモデル。マルチプロセシングDACシステム BEWITHSTATEをベースに、同社と新日本無線との共同開発によるハイエンドオーディオ専用高音質オペアンプIC「BS04」型を搭載するなどの音質チューニングを実施し、いっそう高純度で情報量豊かなサウンドを実現している。外装仕上げには、BEWITHSTATE 現行バージョンやパワーアンプ「R-107S」と同等の高光沢アルミニウム合金によるシルキーブラック調仕上げを採用している。

BEWITHSTATE BS04 リミテッドとSTATE MM-1Dを専用MLケーブルで接続することにより、最高品位の非圧縮リニアPCMサウンドを理想的なクオリティで提供。また、STATE MM-1Dからのデジタル/アナログ音声信号を外部機器に出力したり、バックカメラなどの外部機器からの映像信号をSTATE MM-1Dのディスプレイに映し出すこともできる。

価格はSTATEパッケージLが46万2000円、STATEパッケージSが45万1500円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集