東武、忘新年会シーズンに合わせ深夜増発…深夜急行バスも

鉄道 企業動向

東武鉄道は12月と2014年1月の木・金曜日を中心に、伊勢崎線(東武スカイツリーライン)と東上線で深夜時間帯に臨時列車を運転する。忘年会・新年会シーズンの混雑緩和と利便性向上が目的。合わせて東武バスウエストも東上線川越駅からの深夜急行バスを増発する。

伊勢崎線(東武スカイツリーライン)では、北千住0時26分発の普通北越谷行きを北春日部まで延長運転するほか、北千住0時34分発の普通北越谷行きを増発する。運転日は12月が6・12・13・19・20・26・27日、2014年1月が9・10日。

東上線では、池袋23時20分発の臨時TJライナー森林公園行き、同23時43分発の準急川越市行きを増発するほか、同0時5分発の普通成増行きを志木まで延長運転する。運転日は12月が5・6・12・13・19・20・26・27日。2014年1月は臨時TJライナーのみの運転で、10・17・24・31日。

川越駅発の深夜急行バス「ミッドナイトアロー」森林公園駅南口行きは、毎週金曜日に運行している川越駅東口1時発の後に、東上線の川越市行き最終列車に合わせ1時30分発の便を増発。12月13・20・27日に運転する。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集