JR東日本、秋田新幹線E3系に「ありがとう」ステッカー…2014年春までに全車引退

鉄道 エンタメ・イベント

2014年春の引退を記念して秋田新幹線E3系編成に「ありがとう」ステッカーが貼り付けられる。掲示場所は11・15号車の車体側面。
  • 2014年春の引退を記念して秋田新幹線E3系編成に「ありがとう」ステッカーが貼り付けられる。掲示場所は11・15号車の車体側面。
  • 秋田新幹線『こまち』で運用されているE3系0番台。E6系の導入に伴い2014年春までに全編成が引退する予定。
JR東日本秋田支社は11月22日、秋田新幹線『こまち』で運用しているE3系の車体に引退記念ステッカーを貼り付けて運転すると発表した。

現在運用されているR3・R4・R15・R16・R20~23・R26全9編成に「ありがとう」の文字をデザインしたステッカーを貼り付け、各編成の営業運転終了まで掲示する。掲示場所は11号車と15号車の左右計4カ所。

E3系は秋田新幹線用の0番台と山形新幹線用の1000・2000番台があり、このうち0番台は秋田新幹線の開業にあわせて1997年から営業運転を開始。最盛期には量産先行車を含む156両(6両編成26本)が運用されていたが、E6系の導入に伴い営業運転から順次離脱している。2014年春までに全編成が引退する予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集