スズキ、ミャンマー政府へ警察用二輪車100台を寄贈

モーターサイクル 企業動向

スズキは11月25日、ミャンマー政府へ警察用二輪車の寄贈を決め、贈呈式を行った。

ミャンマー政府は、ミャンマーで東南アジア諸国が参加する「東南アジア競技大会(シー・ゲーム)」が12月に開催されるほか、2014年のASEAN議長国を務めることから、スズキに対してこれらの国際的イベントで使用する二輪車についての協力を要請していた。これを受けてスズキは、大型二輪車「V-ストローム650ABS(DL650A)」をベースとした警察用二輪車100台の寄贈を決めた。

寄贈する警察用二輪車はミャンマー政府やASEAN各国の要人警護などに使用される。

11月25日に、ミャンマーの首都ネピドーのミャンマーインターナショナルコンベンションセンターで贈呈式を開催し、ミャンマー政府関係者出席のもと、スズキの鈴木俊宏副社長が二輪車100台を贈呈した。

スズキは2013年5月に子会社スズキ・ミャンマー・モーターで四輪車の生産を開始しており、二輪車については現地販売店を通じて、排気量110~125ccの小型二輪完成車の輸入・販売している。

ミャンマー政府の国際的なイベントを側面から支援する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集